豆本作り
4月に豆絵本展という企画に参加します。
12月の企画展でも小さな絵本を作ったのですが、楽しみながら作品を作っているところです。
この本、ものすごく参考になります。上製本だけでなく巻物?や和製本、箱の作り方まで、しかも出来上がりは小さなものにもかかわらず手抜きはないです。ここに出ているものをマスターすれば、様々なデザインの本が作ることが出来ます。
おまめの豆本づくり
おまめの豆本づくり
柴田 尚美

で、小さい本を作るわけで材料もほんの少しですむのですが、製本用に売っているものもありますが、ちょっと量が多いかなと思うことも。で、私の大好きな100円ショップが大活躍です。
上製本に欠かせない板紙ですが、色紙の紙が使えます。普通のものだと厚さがあるので、色紙くらいの厚さがちょうど良い。
本を綴じるのに寒冷紗という目の粗い糊のきいた布を使いますが、これは習字用の布巾やかや織りの布巾が使えます。ただ実際使う量はちょっとなのですが、その割には目がちょっと荒いかもしれませんが。ガーゼをのり付けしたものも使えると思います。
糊も基本的には木工用ボンドとヤマトノリやフエキノリなどを混ぜたものを使うのですが、これも100円ショップに売っていますね。
今回、フェルトを2枚重ねして表紙に使ったのですが、かきはぎ用のアイロンシートが役立ってくれました。いわゆる両面接着芯の超薄手な感じのもの。これもなかなか使えます。
他にも色々、面白いものがいっぱい。ディスプレイに使えそうなものも何点か買ってあります。
で、進捗状態は?何とか間に合うと思います。
| pookmark |2008.03.22 Saturday







Entry: main  << >>

blog top

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Category

Recommend

Recommend

おすすめします!

楽天

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode